ダッチオーブンを使って・・・

少し肌寒い日が増えてきました。アウトドアで使い込んだダッチオーブンを使って、お野菜たっぷりのミネストローネを作りました。
基本のお野菜とベーコンで出汁をとったあと、じゃがいも、キャベツ、しめじ、大豆、ウィンナーをどんどん足していきました。イタリアントマトの酸味とお野菜の甘みが美味しいです。
1皿350円でご提供します。パンと合わせて召し上がっていただけると嬉しいです。

10月20日(木)児童福祉施設へのおやつ提供

木子里LYKKEでは、店頭販売と並行して放課後等デイサービスや放課後児童クラブへのおやつ提供もしています。安全で美味しいおやつを提供することで、子どもたちが楽しみながら豊かな食経験を積む機会になるよう配慮しています。アレルギー対応の卵除去おやつについては、今後レシピ研究を深め店頭販売も検討していきたいと考えています。

9月1日(木)ランチ DE エール ! 


新学期がスタートした子どもたちがランチを食べに来てくれました。
高校3年生は残り半年の高校生活を悔いなく過ごしてもらうべく・・・
パエリア、アヒージョ、トマトのポタージュのランチでエールを送りました!

8月17日(水)ご予約席プレート

夏休み中にランチを食べに来てくれる木子里クエストの子どもたちが、スタッフと一緒に予約席プレートを作ってくれました。夏らしい素敵なペーパークラフトです。夏らしい華やかな造形を見ると気持ちが明るくなります!

8月10日 (水)LYKKE LUNCH

『緑黄色野菜を食べよう!』

食育ワークショップ(ピザづくり体験)を行いました。
鶏ガラお出汁を使った野菜たっぷりスープとベジロールパンを添えて。


8月8日(月) LYKKE LUNCH

チキンカチャトーラ

中高生の職業体験活動も合わせて行いました。食後に片づけを頑張る児童のために、丸鶏をさばいてみました。このお料理ではむね肉ともも肉を使っています。鶏ガラもお出汁をしっかりとって無駄なくいただこうと思います。グリル野菜・匠の食パン・じゃがいものポタージュを添えて。

8月4日 LYKKE LUNCH

夏野菜チキンカレー

木子里クエストに通う児童が来てくれました!さつまいも・枝豆・コーンをトッピングした辛さ控えめの野菜たっぷりカレーです。



8月3日(水)匠のミニ食パン

お客様から「食パンをつくってほしい!」というご要望をいただきました。スライサーを設置していないため、1/3 斤のミニサイズで商品化することにしました。国産小麦『匠』を使用した生地でつくり300円でご提供します。ひとブロックずつ、ふんわり感はそのままで手でちぎれる、食べやすいサイズになっています。

8月1日(月)

週3日の営業を始めて1ヶ月たちました。スタッフと一緒に7月に販売したパンの振り返りをしました。『ひとつひとつ丁寧に』を再確認しました。お客さまからのお声かけが、私たちの励みになっています。 とてもありがたいことです。

安定した内容で提供することは大切だし当たり前のことなのですが、手捏ねパンのフィリングは販売しつつも改良を重ねた1ヶ月になりました。
*今日はブルーベリーパン(100円)を仲間入りさせました!

7月

LYKKE LUNCH

(要予約) 

木子里グループに通う中高生がお別れ会を兼ねたランチ会を行いました。お客様からも「ランチはないの?」とお問合せいただくのですが、通常営業ではまだランチメニューはありません。今回は予約してくれた施設のリクエストを取り入れて、お野菜をしっかり摂れるピザとベーコンベジロールを用意しました。夏休み中に何回かランチ会の予約が入っています。未来の定番ランチレシピが生まれるかもしれません。

7月1日(金)プレオープン

いよいよプレオープン!地域のみなさまと木子里グループを応援してくださるみなさまにご来店いただきました。おかげさまで用意したパンは完売することができました。

6月29日(水)
カフェに屋号ロゴを貼りました!

プレオープン直前になりましたが、近隣の工務店さんにご協力をいただき、店舗入り口に屋号をつけることができました。店内の気になっていたガラス面にも、快適な空間を演出できる北欧デザインのフィルムを貼りました。

6月13日(月)~24日(金)

実習生を受け入れました

 入間わかくさ高等特別支援学校の生徒さんが
木子里LYKKEで実習を行いました。実習は将来の進路選択のためにとても大切なものです。木子里LYKKEを実習先に選んでいただいたことに感謝しながら、みんなの『働く』 を一緒に考える有意義な時間になりました。


2022年5月1日 事業開始

  就労継続支援B型の指定を受けました。
4月末に、菓子製造業と飲食店の事業許可も
取得しました。利用者のみなさんと一緒に
とりくめるオペレーションを考えていきます。

2021年 コンセプトが決まる!

  木子里グループが運営する就労継続支援の形を考え続けてきました。所沢市内外の事業所の方々と懇談していただく中で気づけた私たちの強みがあります。
  それは、長い時間をかけて児童福祉の中で培ってきた『食育』『造形』『連携』の力を活かして、自分たちの力で利用者のみなさんの仕事を生み出すことができるのではないか、ということでした。コロナ禍で遠のいてしまった手づくりおやつも設備が整った施設で回復することができそうです。
  『ベーカリーカフェをベースにコミュニティを形成していく』という大きな目標が決まりました。目標に向けて、まずスタッフ全員が食品衛生責任者講習を受講しました。
 より専門的な知識と技術の習得のために、日々の業務を続けながら、夜間の調理師学校に通学することを決めました。2022年9月にスタッフ1名が調理師資格を取得する予定です。